kuninobu.htmlutagawakuninobu.htmltakedakuninobu.htmlminamotonokuninobu.htmlmakikuninobu.htmlindex.html

牧国信

牧 国信(まき くにのぶ、生没年未詳)は、美作未知三浦氏、後に宇喜多の家臣。牧良長の弟。後に家信。藤左衛門尉。

兄・良長と共に美作三浦氏の再興に尽力するなど、三浦貞広に忠誠を尽くした。しかし美作三浦氏が毛利氏の侵攻を受けて没落すると、宇喜多直家の家臣となる。1585年天正13年)からは旧主三浦氏の居城高田城の城主を務めた。

関ヶ原の戦いで宇喜多氏が改易されると帰農した。

日本の歴史

日本の歴史(にほんのれきし)、日本史(にほんし)とは、日本または日本列島における歴史国史(National History)のこと。本項では日本の歴史を概観する。

天正

天正(てんしょう)は、日本元号の一つ。元亀の後、文禄の前。1573年から1592年までの期間を指す。この時代の天皇正親町天皇後陽成天皇征夷大将軍足利義昭(但し、織田信長に追放されたので権力はなし)。

毛利氏

毛利氏(もうりし)は、日本の武家で、本姓大江氏

宇喜多氏

宇喜多氏(うきたうじ)は、備前国戦国大名。本来は、地形に由来する「浮田」姓と思われるが、嫡流は「宇喜多」(宇喜田)を称し、庶流は「浮田」を称した。通り字は代々「家」であった。家紋は剣片喰(剣酢漿草)を用い、旗紋は兒文字を用いていた。他に雨竜や亀など。近年では五七の桐や五三の桐を用いている。

宇喜多直家

宇喜多 直家(うきた なおいえ)は、戦国時代武将備前国戦国大名。通称三郎右衛門尉、のち和泉守。宇喜多秀家の父。父は興家、祖父は能家という。室は中山信正の娘、後に鷹取氏あるいは三浦氏の娘とされる円融院

高田城

高田城(たかだじょう)は現在の新潟県上越市本城(もとしろ)町にあったである。

三浦貞広

三浦 貞広(みうら さだひろ、生没年不詳)は、日本戦国武将三浦貞久の嫡子。三浦貞勝のおそらくは兄。道祖(才)五郎、次郎。能登守と称したとも考えられる。

牧良長

牧 良長(まき よしなが、生没年未詳)は、美作三浦氏の家臣。河内。

美作三浦氏

美作三浦氏(みまさかのみうらし)は、美作国に栄えた武家一つ。本姓平氏家系坂東八平氏のひとつ三浦氏の庶流で杉本氏の流れを汲む。鎌倉幕府有力御家人三浦義澄の弟佐原義連の血筋で義連-横須賀時連 - 杉本宗明と続き、宗明の次男の三浦貞宗が15世紀初頭に高田城を築城したのが始まりであると言われている。

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)は、安土桃山時代慶長5年9月15日西暦1600年10月21日)に、美濃国不破郡関ヶ原[1]岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における決戦を中心に、日本全国で戦闘が行われた。徳川家康の覇権を決定付けた戦いである。

mpediaアカウント新規登録

登録
Cancel