kuninobu.htmlutagawakuninobu.htmltakedakuninobu.htmlminamotonokuninobu.htmlmakikuninobu.htmlindex.html

武田国信

未知広

武田国信(たけだ くにのぶ)

  1. 室町時代後期から戦国時代前期の武将。若狭丹後守護安芸分郡守護。
  2. 戦国時代中期の武将。因幡鳥取城主。

武田国信(若狭武田氏)

凡例
武田国信
時代 室町時代 - 戦国時代
生誕 永享10年(1438年
死没 延徳2年6月21日1490年7月8日
別名 彦太郎(通称)、宗勲(法名)
戒名 玉華院殿功林宗勲大居士
官位 治部少輔大膳大夫
幕府 室町幕府若狭丹後守護安芸分郡守護
氏族 武田氏
父母 父:武田信繁、母:不明
兄弟 信栄信賢国信元綱
信親元信

武田 国信(たけだ くにのぶ)は、室町時代後期から戦国時代前期の武将守護大名若狭丹後守護、安芸分郡守護。若狭武田氏の第3代当主。安芸武田氏当主武田信繁の3男で、信栄信賢の弟、元綱の兄。信親元信の父。通称は彦太郎。官位は治部少輔大膳大夫。法名は玉華院殿功林宗勲大居士。生年は嘉吉2年(1442年)ともされる。

応仁の乱では次兄信賢同様に細川勝元の東軍に属して、土岐成頼らの西軍と戦うなど奮戦している。しかし、文明3年(1471年)に弟元綱の離反にも遭うなど苦戦も強いられている。同年の兄の死後家督を継いだ。信賢に嫡子はいたが幼少であったため、国信が家督を継ぐこととなる。この嫡子は文明11年(1479年)に15歳で亡くなったとされるが、後の蠣崎信広とする伝承もある。

文明6年(1474年)4月、山名政豊細川政元の和睦の仲介役を務める。しかしこの時の和睦の条件の1つとして、武田氏が応仁の乱の最中に一色義直と戦って奪った丹後の所領を返還せよという条件があった。丹後に在陣中の武田氏被官人はこれに不満で所領返還を拒んだが、和睦に参加した国信は援軍を丹後に送ることができなかった。丹後の武田勢は独力で一色氏と戦わざるを得ず、9月に主将逸見真正は自害、武田軍は敗れて壊滅してしまった。国信は落胆して出家し、宗勲と号したという。

文明13年(1481年)に元綱と和解、長享元年(1487年)に9代将軍足利義尚六角高頼討伐(長享・延徳の乱)に従って出陣したが、延徳元年(1489年)に義尚が亡くなると遺骸に付き添って京都に戻った後若狭へ帰国、翌2年(1490年)6月21日に小浜で病死した。嫡子の信親には文明17年(1485年)に先立たれていたので、もう1人の子の元信が跡を継いだ。菩提寺は玉華院。

国信は文化人として優れており、和歌や連歌の会をたびたび開いたという。

武田国信(戦国時代)

武田 国信(たけだ くにのぶ、生年不詳 - 天文14年(1545年))は、戦国時代中期の武将因幡守護山名氏の家臣で若狭武田氏傍流の一族。子に高信。官職は山城守

山名誠通の家臣で天文14年(1545年)に久松山城(後の鳥取城)を改築したが、あまりに堅固過ぎたため、主君より謀叛の疑念を買い謀殺された。後に息子の高信は山名氏に対して叛旗を翻し、一時因幡を制圧することになる。

天文15年(1546年)10月、伯耆南条宗勝を助けて橋津川の戦い尼子氏と戦った因幡山名氏の重臣として「武田豊前守常信」の名が記録に残るが、国信と同一人物だったかは不明(同一人物と見る説も存在する)。鳥取市在住の中世史研究家・高橋正弘によると、武田豊前守は鳥取城にあって但馬山名祐豊に呼応して山名誠通の殺害に一役買ったとされる(高橋正弘『山陰戦国史の諸問題・上』1993年)。

関連項目

若狭国

若狭国(わかさのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つで、北陸道に位置する。現在の福井県南部、こんにち嶺南と呼ばれている地域から敦賀市を除いた部分に当たる。若州(じゃくしゅう)と呼ばれる事もある。延喜式での格は中国近国。藤原宮時代の木簡には、「若佐国」と表記されている。

丹後国

丹後国(たんごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だったの一つで、山陰道に位置する。別称は、丹波国とあわせて、あるいは単独で丹州(たんしゅう)。北丹や奥丹と呼ぶこともある。現在の京都府北部にあたる。延喜式での格は中国近国

安芸国

安芸国(あきのくに)は、かつて日本の地方行政区分だったの一つで、山陽道に位置する。現在の広島県の西部にあたる。別称は芸州(げいしゅう)。毛利元就の生誕の地でもある。延喜式での格は上国遠国

戦国時代 (日本)

日本の戦国時代(せんごくじだい)は、日本の歴史において、15世紀末から16世紀末にかけて戦乱が頻発した時代区分である。乱世により室町幕府の権力は完全に失墜し、守護大名に代わって全国各地に戦国大名と呼ばれる勢力が出現した。ほぼ恒常的に相互間の戦闘を繰り返すとともに、領国内の土地や人を一円支配(一元的な支配)する傾向を強めていった。こうした戦国大名による強固な領国支配体制を大名領国制という。

武田氏

武田氏(たけだし)は、平安時代末から戦国時代武家本姓源氏家系清和源氏の一流・河内源氏の一門、源義光を始祖とする甲斐源氏宗家である。安芸国若狭国に分派が存在し、上総国には庶流があった。

山名氏

日本氏族。幾つかの流れがある。

守護

守護(しゅご)は、日本鎌倉幕府室町幕府が置いた武家の職制で、単位で設置された軍事指揮官・行政官である。令外官である追捕使が守護の原型であって、後白河上皇が鎌倉殿へ守護・地頭の設置を認めたことによって、幕府の職制に組み込まれていった。将軍により任命され、設立当時の主な任務は、在国の地頭の監督であった。鎌倉時代は守護人奉行(しゅごにんぶぎょう)といい、室町時代には守護職(しゅごしき)といった。

武将

武将(ぶしょう)とは軍人武士など軍事に携わる人々のうち頭立った者を指す言葉である。同義語として大将、あるいは単に将とも略す。主にインドを含む東洋史において使用される。

武田信栄

武田 信栄(たけだ のぶひで)は、室町時代武将守護大名室町幕府相伴衆若狭守護。若狭武田氏初代当主。安芸武田氏4代当主武田信繁の嫡男。信賢国信元綱の兄。

武田信賢

武田 信賢(たけだ のぶかた)は、室町時代武将守護大名若狭丹後守護安芸佐東郡・安南郡・山県郡守護。若狭武田氏第2代当主。安芸武田氏武田信繁の次男、母は甲斐武田氏武田信春の娘。兄に信栄、弟に国信元綱。家系には異説あり。

鳥取城

鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)にある山城跡。中世城郭として成立、戦国時代には織田信長の家臣であった羽柴秀吉と毛利軍との戦いの舞台(鳥取城の兵糧攻め)となる。江戸時代には鳥取藩池田氏の治下に入り、近世城郭に整備された。現在は天守台、復元城門、石垣、堀、井戸等を残す。

室町時代

室町時代(むろまちじだい)は、日本の歴史において、室町幕府足利将軍家)によって統治されていた時代である。「室町時代」の名称は、京都室町幕府が置かれていた事に由来する。

治部省

治部省(じぶしょう)は律令制における八省のうちのひとつ。和名は「おさむるつかさ」。

武田元綱

武田 元綱(たけだ もとつな、嘉吉元年5月21日1441年6月19日) - 永正2年2月15日1505年3月30日))は、室町時代から戦国時代武将安芸武田氏当主武田信繁の4男で、信栄信賢国信の弟。元繁の父。安芸佐東銀山城主。

武田信繁 (室町時代)

武田 信繁(たけだ のぶしげ)は、室町時代武将安芸分郡守護で佐東郡・安南郡・山県郡守護。安芸武田氏第4代当主。2代当主武田信在の子で3代当主武田信守の弟(子とも)。信栄信賢国信元綱らの父。官位は従五位下伊豆守陸奥守大膳大夫、後に従四位下

武田元信

武田 元信(たけだ もとのぶ)は、戦国時代武将守護大名若狭国丹後国守護、安芸国分郡守護。若狭武田氏の第5代当主。武田国信の次男で信親の弟。元光、潤甫周玉、信孝、山県秀政の父。通称は彦次郎。官位治部少輔大膳大夫伊豆守従三位

因幡国

因幡国(いなばのくに)は、かつて日本の地方行政区分だったの一つで、山陰道に位置する。別称は因州(いんしゅう)。現在の鳥取県東部にあたる。延喜式での格は上国近国

武田高信

武田 高信(たけだ たかのぶ、享禄2年(1529年)? - 天正元年(1573年)5月以前)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての因幡国武将

武田信親

武田 信親(たけだ のぶちか、長禄2年(1458年) - 文明17年(1485年)8月22日/永正11年(1514年)8月22日?)は、若狭武田氏の第4代当主。治部少輔。室町幕府若狭守護御相伴衆

大膳職

大膳職(だいぜんしき)は、日本律令制において宮内省に属する官司和訓は「おおかしわでのつかさ」。朝廷において臣下に対する饗膳を供する機関である。

後で読む

mpediaアカウント新規登録

登録
Cancel